FC2ブログ

山口歯科Blog | 大阪 天満・天神橋の歯医者さん

山口歯科より大阪市北区周辺の患者様に贈る歯の情報BLOG

2009年

07月13日

(月曜日)

上顎洞って??

こんにちは
院長の山口です。

お昼休みにちょっと外を歩いたら汗だらだら・・・
とても暑くてびっくりです。

先日またまたインプラントセミナーに参加してきました。
春についでまたまた横浜まで行ってきました。
090712_0931~0001


梅雨の合間の良い天気でした。

今回の勉強テーマは「上顎洞」

上顎洞ってあまり聞き慣れない用語ですよね。
言い換えれば、副鼻腔です。

ここに炎症が起きると、上顎洞炎(副鼻腔炎)と呼びます。

副鼻腔はいくつかあるのですが、その中でも歯科に関係の深い副鼻腔が「上顎洞」です。

これは上の奥歯の根っこのところまであるので、時々歯が原因で上顎洞炎を引き起こすことがあるのです。

つまり・・こういう空洞があるために、上の顎にインプラントをするときには色々と難しい問題が起きることがあるのです。
インプラントを入れる骨の厚みがないために、上顎洞底挙上術といって、上顎洞を触らなければいけないことも多々あるのです。


今回とても興味深かったのは、耳鼻科の先生の講演でした。
副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症の既往を持つ患者様へのインプラントの話や、アレルギー性鼻炎と鼻中隔湾曲症の方への上顎洞底挙上術についてなど、とても勉強になりました。


現在では、インプラントの検査にはCT撮影は不可欠です。
これで術前にかなりのリスクを予想できますし、事前にオペのシュミレーションが可能になります。

歯科にもCT検査の保険導入をしてほしいですよね(無理か~)


関連記事

 カレンダー 

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 月別アーカイブ 

08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  10  08  07  06  05  04  02  12  08  07  03  12  08  07  03  02  01  12  11  08  07  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

 プロフィール 

yamaguchidental

Author:yamaguchidental
 
大阪市北区の歯医者さん
山口歯科ブログへようこそ!

山口歯科からのお知らせ、日常の診療のこと、天満・天神橋のこと、院長のひとりごとなどなど・・・時々遊びにきてください!